体が味噌を呼んでいる・・・目的は自浄作用?

写真は今使っているお味噌。

お味噌汁が特別好きなわけでもなかったのに、今年の冬はお味噌汁をよく飲んだ。何故か味噌汁が飲みたくて仕方なかった。

こんなにお味噌汁が飲みたくなったことはあまり無いような気がする。

体がお味噌汁を呼んでいるのである。

先週金曜の虎の門ニュースで武田邦彦氏が原発事故での最近の放射能の影響についてお話しをされていた。

それで思い出した。

お味噌汁は被爆から体を守るっていう記事を読んだことがあるのを思い出したのだ。

もしかして、お味噌汁を飲みたいってことは、体が放射能汚染の解毒をしようとして自浄作用を求めてる?

なんてことを思った。

これは自分で勝手に思うことなので、ここだけの話。(れもんの独り言として読んでいただきたい)

あ、仲のよい友達1人にメールで言ってみたけど、ご意見はまだ無い。

2011年の東北地震、原発事故の後、放射能汚染についてはさんざん調べた。

両親が茨城で暮らしているので、その家の庭や周辺を市役所で放射能測定器を借り、それで測定して実際に自分の目で数値がどれ位なのかも確認した。雨どいの側溝等に測定器を近づけると、数値が急に飛び上がり驚き、そして恐ろしかった。それでも、普通に歩く場所はそれ程の数値ではなかったので心配していた程の酷さではなかったが、姿が見えない放射能の存在をこの目で確認したことについてはやはり何とも言い難い思いだった。そして、汚染された土の表面を削って、削った土を土嚢袋に入れ、それを地中に掘った穴に埋めるという除染作業もやってみたが、これはかなりかなりかなりの重労働で途中で諦めるしかなかった。たった1平方メートル程の面積の土を削って埋めるという作業がとても大変なのである。これはやってみないと分からない大変さなのだった。そんな小さな作業一つがとても大変なことなのに、原発事故そのものの様々なことを考えると、それは想像し難い災難であり、被害を受けた人々の苦しみは計り知れない。

そんな頃、ネットである記事を読んだ。

恐らくテレビや週刊誌でも取り上げられた内容ではないかと思う。ネットでも沢山の関連記事を見つけることが出来る。

被爆から体を守るにはお味噌汁が良い、という記事だ。

長崎の原爆を体験した医師、秋月辰一郎氏の体験談である。(一部引用させていただいた。ありがとうございます。)

長崎の原爆投下直後から、献身的に被災者の救護・治療に活躍された、聖フランシスコ病院の秋月辰一郎医師は、「昭和20年8月9日の原子爆弾は長崎市内を大半灰燼にし、数万の人々を殺した。爆心地より1.8キロメートルの私の病院は、死の灰の中に廃墟として残った。私と私の病院の仲間は、焼け出された患者を治療しながら働きつづけた。私たちの病院は、長崎市内の味噌・醤油の倉庫にもなっていた。玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。その時私といっしょに、患者の救助、付近の人びとの治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁」であったと、私は確信している。」

著書「体質と食物」 -クリエー出版ー

「わかめの味噌汁と玄米食」で自分の結核を克服したと信じていた秋月医師は、スタッフ全員に「わかめの味噌汁と玄米食」を勧めたそう。そして、砂糖(甘い物)は避けるように指示した。医師・看護師らは全力で多くの命を救い、原爆症を発症したスタッフは一人もいなかったという。味噌(大豆)のたんぱく質やビタミン・ミネラル、わかめのミネラル(ヨウ素やカルシウムなど)・繊維、玄米のビタミン・ミネラル・ファイトケミカル(フィチン酸・フェルラ酸など)等々の総合力によって放射能の害を抑えたということである。

 

チェルノブイリの原発事故では事故から約5年後から人々の疾病や死亡が上昇し始めたという。

やたらとお味噌汁が飲みたくなった時期が福島の原発事故から5年というタイミングだったので、つい考えてしまった。

自分の体の中の何かが放射能汚染と闘おうとして今必要な何かを求めているのではないだろうか?と。

偶然だとしてもだ。味噌汁を必要としている何かが体の中で存在しているのである。

原発事故以来、野菜や肉は出来るだけ西のものを買うようにしている。魚に関しては特に要注意だ。全国の放射能ホットスポットも調べていたのでそういった地域のものは今でも買うのは控えている。(生産者の方、申し訳ないです。でも、仕方がないのです)

セシウム137は30年残留すると言われている。

チェルノブイリ原発事故でホットスポットになったドイツ南部では今でも野生のイノシシからは高い放射能汚染が確認出来るという。

両親が暮らす茨城のものも、茨城の地理に詳しいだけに買う地域と買わない地域を区別している。

そんなことを言ったところで、関東はもはやかなりの汚染度なのかも知れないが、それでも自分が出来るだけの注意はしているつもりなのだ。

そんな感じなのだが、味噌汁を飲みたいこの体は一体何を言いたいのだろう?

飲みたいのだから、やはり体が必要としているのだろう。

お味噌汁が飲みたくなるっていうのは、ストレスや疲れが原因ってこともあるらしいが、まぁストレスなんてよくあるしね・・・:roll:

とにかくだ。

お味噌汁は体に良い。

お味噌汁は飲みたい時にだけでなく、毎日飲むようにしたい。

そういえば、このあいだ、いつも行く美容室の美容師さんがお味噌汁にモッツァレラチーズを入れると美味しいって言ってた。

まだトライしていない。

発酵食品同士で相性がいいのかな?

 

今日の一句

あったわよ 今日もストレス ホイサッサ

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel