ジェームス様とお呼び!

週末だ。

写真は去年の桜。

今年は開花がちょっと遅かったような気がする。

今、桜は満開の様子だ。せっかくお花見をしに行こうと思っていたのに。

なにやら物騒な情勢で家にいることにしようかとぐずぐずしている。

万が一アラートが鳴ったら、お花見の公園には非難する場所がすぐ近くにないのだもの。

北朝鮮からのミサイルに怯えなければならないなんて、 :-(

こんな空母艦隊が登場って・・・やっぱり戦後最大の危機なんだろうな。(朝鮮半島へ向かうアメリカ艦隊だ)

CARL VINSON

 

 

 

窓の外では風がヒューヒューいっている。

桜はあっという間に散ってしまいそう。

 

昨日はとても暖かで気持ちが良かった。日中は太陽の下にいると暑いくらいだった。

そんな昨日のことだ。

仕事場で、海外からの電話を取った。

時々かけて来る取引先のジェームスさんからだった。(ジェームスは仮名)

ジェームスさんは日本語が出来る。

いつも「〇〇〇のジェームスですけど、△△△さん、いらっしゃいますか?」

と、言う。

だが、ジェームスさんの日本語、聞き取るには発音がちょっと難しい。

特にジェームスさん自身の会社名を言う時は、あちらの発音が混じって何と言っているのかいつもさっぱり分からない。

で、担当の△△△さんに取り次ぐ時は、いつも「ジェームスさんからです」と、言ってしまう。

昨日は、ちょっとしたことがこの後に起きた。

「ジェームスさんからです」と、電話を伝えると、担当の△△△さんが、とても嫌な言い方で「ジェ~ムスさん!」と繰り返した。

△△△さん的に、「ジェームスさんからです」と言って電話を取り次がれるのが気に入らない口調だ。

「さん」付けが気に入らないのだろう。と、直ぐに思った。

△△△さんからすれば、自分の取引先の相手を「さん」付けで軽々しく呼ぶな。風な感じである。

とても嫌な言い方だったから。お蔭で思わぬ緊張をして体温上昇した挙句に汗 :-?

思わず「ジェームス様」?と、呟いてしまった。

だって会社名、いつも何言ってるのか分からないし、

ジェームスさんからです、と言えば直ぐに分かる相手だし、ジェームスさんの口調からしても「ジェームス様」より「ジェームスさん」の方がぴったりだし。

なんてことを、わずか1分の間にいろいろ思ったわ。

午後から眼精疲労のせいだろうと思われる頭痛がしていて、そんな時にストレスあると辛い。

今度、ジェームスさんからの電話を取ってしまった時にはどうしようかな?

「ジェームス様からです」と、言おうか?

または、会社名を聞き返して会社名で伝えようか?

ま、正しくは、会社名を言った後に個人名に様を付けて伝えるのがいいのだろう、とは思うが、

そんなに気取る程の会社かい?

と、いうのが本音。

今までジェームスさんの会社を改めて調べてみようという気にもならなかった私は怠慢かな?

これから午後3時以降の電話を取るのが何だか憂鬱になったよ。

ジェームスさんからの電話は午後3時以降にかかって来ることが多いからさ。

題して、『ジェームス様の憂鬱』

こんな小さな出来事で思ったのは、

出身地による人間性の違いとか、最近の会社人間の余裕の無さとか、心より形式・・・とか、いろいろ。

オフィスで起きるドラマは数限りない。

あぁ、お花見に行きたい。

 

 

今日の一句

電話機に お願い付けて 通訳を

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel