あれは、もしや・・・!?

今朝、駅のホームで電車を待っている時にふと空を見上げた。

目に入ったのは空を横切る一筋の白いライン。

あっ!8-O

あらららら・・・ あれはもしや・・・ ケムトレイル?

一瞬迷ったが、並んでいた列から離れてちょっと後ろに後戻りしスマホを取り出した。もうすぐ電車が入って来る時刻だったので急いで一枚撮った写真。

あらららら・・・ 朝からイヤなものを見つけてしまったな、と思った。

日本では一般的には話題にならないケムトレイル。ネットではもう一般常識的なものだが。

いやだな~ 何が降ってるんだろう、あの雲から・・・。

畑の土に降り、川に降り注ぎ、海にも落ちる。そして、私達も吸い込んでしまったりしているのかな?

広大な畑に小型飛行機で農薬を撒く風景の写真を目にした事があるが、あんな高い所から撒かれたらかなり広範囲に落ちてくる。いや、広さの問題ではない。

日本では、こんな風に一本ラインのケムトレイルをたまに見かける。

でも、ヨーロッパはすごかった。:-?

これは約10年前にチェコで撮った写真↓

p

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は、空を見上げて「あら~飛行機雲~すご~い」なーんて思いながら撮っていた。:oops:

ケムトレイルがよく言われている通りのものだとしたら恐ろしいばかりだ。

 

今日のお昼、外が暖かかったので公園でランチを食べた。スズメが寄ってきたのでご飯粒を少し放ってあげたら速攻でぱくついていた。その後、あ!と、思ってしまった。おかずのチキンの脂は付いていなかっただろうか?と。

付いていたら共〇いになってしまうではないか。(←言葉が恐ろしいので〇にしてみた)

狂牛病ならぬ、狂鳥病になったら大変だ。心配し過ぎ?

でも、動物の共〇いは狂牛病を招くと、武田先生が話していたし。今年8月の虎の門ニュースから一部抜粋させていただいた↓ 711が期限切れとなった食品由来の飼料を使った鶏卵の活用を始めた際の武田邦彦先生のコメント。

「狂牛病が発生したのは、実は牛を牛に食べさせたからですね。それで動物は一般的に、高等動物は特にそうですが、共〇いをすると狂牛病が出るっていうのは、人間の場合はパプアニューギニアで出た病気ですね。それから羊のスクレイピー、狂牛病と、数多く知られておりまして、動物の死骸を同じ種類の動物に食べさせると狂牛病が発生し、その狂牛病を発症した牛とか羊とかそういうのを食べると人間の頭脳まで伝染するという事がもう既に分かっている。だから711の食品は買ってはいけません。これもうはっきりしています。だってこれだけ長い間、歴史的に1920年位に発見されたので、それで一回狂牛病も大きな問題になりました。それで今牛の配合飼料を牛に食べさせるという事は一切しておりません。で、やっと牛の狂牛病が無くなったのに、また711が狂牛病の原因を作る食品を売ると、・・・」

そういえば、今発見されている鳥インフル、早く治まってほしい。

今日は恐ろしい事ばかり書いてしまった。:-?

明日も良い天気になりますように~

kaede

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一句

スズメの子 炊いたお米も おいしいぞ

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です