真夜中のチョコレート 

真夜中に食べるチョコレートって、どうしてこんなに美味しいのだろう・・・8-)

写真の4つは、友人のみかんちゃんからの旅のおみやげ。5つあったが1つは食べてしまった。

みかんちゃん、ご両親を連れてバルト三国辺りを旅してきたという。親孝行だな。バルト三国は美人が多かったらしい。

チョコはクリーミーで美味しかった。

昼よりも夜に食べた方が美味しいと思うチョコレート。何故だろう?

 

鳥の声も風の音もしない静まり返った夜の中では、味わっているという事に意識が集中するから?

気持ちもゆったりとしている。リラックスしている事が味覚にも影響するのかも。

真夜中のチョコレートはちょっとだけ食べるのが贅沢な気がする。

その日に起きたいろんな事を甘いチョコレートで溶かしてしまう。

疲れた1日も小さなチョコレートがリセットしてくれるのだ。

時間が夜に落ちていくように、チョコレートの甘さに心もストンと何処かに落ちてしまう。

そういうことだ。

夜とチョコレートは、落ちる場所なのだ。

落ちても痛くないから落ちてしまいたい。

 

甘いチョコレートで1日を終えれば、今日も自分におつかれさま~。

真夜中のチョコレート、美味~

 

今日の一句

テーブルに 置いて眺める また明日

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です