原因不明だった頭痛が恐らく電磁波過敏症の影響だと思いこれを身に付けるようになってから症状が軽くなってきた

昨日の土曜はいい天気で気持ちがよかったが今日は朝から雨。早朝、しとしとぴっちゃんしとぴっちゃんしとぴ~っちゃんだったが、(このメロディ分からない世代の方、これ、昔の番組の歌です)午前中に滝の様な雨となった。降りぶりを見ようと外を見たら電線に鳥が一羽じっとしているのが見えた。↓ 緑の〇の中に鳥が一羽いる。

h

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真に雨は写っていないが、かなり降っているところ。何の鳥かや?と思い、オペラグラスで見てみると鳩だった。水浴びが好きなのだろうか?今日は涼しい。水浴びをして気持ちのいい気温でもないのに。一体何をしている、鳩よ・・・:-|

涼しくて頭痛の無い週末、快適でうれしい。

頭痛持ちになってから、かれこれ3、4年経つ。30代の頃までは頭痛なんて全くなかった。あ、年がバレた。ま、年を取って分かる事も多いので年を取る事バンザイとする。:lol: 頭痛を感じるようになった当初は原因が分からなかった。で、頭痛外来に行ってみたりした。画像診断をすれば詳しい事も分かると言われ、気軽にMRI検査を受けてしまった事もあった。その頃はMRIについての知識があまり無く、自分の脳の様子を知りたいという気持ちだけでMRI検査を受けた。その時、頭痛外来の先生が「MRI、受けてもいいんですね?」と、妙に念を押す様に聞いてきたのが印象に残っている。今ならその一言の意味がなんとなく分かるよような気がする。

余談だが

MRI検査とは、磁気共鳴画像検査の事。(Magnetic Resonanse Imaging;磁気共鳴画像)X線撮影やCTのようにX線を用いずに、強い磁石と電波を使い体内の状態を断面像として描写する検査。体内の水素原子が持つ弱い磁気を、強力な磁場でゆさぶり、原子の状態を画像にする。という検査。MRIが置いてある部屋には金属類は一切置けないらしい。MRI装置が金属を引き寄せてしまうので室内に金属があるとそれが引き付けられてしまうそう。例えば、こんな・・・↓ (ちなみにこれは事故の写真らしい)

mri

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*画像はお借りいたしました。ありがとうございます。

MRIのベッド部分が載っていないが、検査の時には人間を乗せた備え付けのベッドがこの穴の中へ入っていく。検査中はドッドッドッドッドッ・・・と大きな音がしている。MRIは安全な装置だそうだが、これだけ磁気が強い中へ入っていくのだ。人間の体に及ぼす影響は、安全と言われているとしてもやはり心配にはなる。安全という判断はあくまで現代科学でのレベルだからだ。まぁ、検査の結果は異状無だったので結果オーライなのだが、今思えばその時の自分の無知さ加減にぞっとする。

さてさて、頭痛について。

もしかしたら、電磁波過敏症ではないかと思い始めたのは、営業の仕事で一日中移動に電車やバスを利用していた時に酷い頭痛を起こすようになってから。頭痛は頻繁に起こり、少々のズキズキレベルから、頭の中に子供の像がいる!ってな位までに色々な痛みを感じた。帰宅してからも寝込む事がたびたびあった。頭痛の原因を色々考えてみたが、どうも電車内の電磁波ではないかと少しずつ考えるようになっていた。電車の中では乗客の殆どがスマホ等を見ている。満員に近い状況で皆が携帯を見ていたら、それらの携帯全てから電磁波が出ており、なおかつ電車自体もかなりの電磁波を出しているらしいので電車の車内は電磁波飽和状態なのだという。

そんなこんなを体験しているうち、これはやはり電磁波過敏症だと明らかに思えるようになった。

最近、その頭痛がとても酷かった。或る日、仕事場で頭が何度もズキズキした。ズキズキするタイミングを見ていると、パソコンの近くに寄った時や、頭がパソコンに接近した時だったと思う。瞬間的にズキ!っとする。こめかみあたりにヒビが入るような感じで痛む。仕事場にはパソコンが沢山ある。ずらりと並んだデスクの上に一人一台、中には二台のパソコンを使っていたりする。相当な電磁波が出ているのではないかと思う。

昼休みにランチに出ると頭痛は消える。

午後になると頭痛は増す。こめかみ辺りが血液の流れに沿うようにズキンズキンと痛む事もある。夕方近くになると、後頭部がとても重くなり頭の中マックス、今すぐ寝込みたい・・・と思う辛い事が何度もあった。もう限界、がまん出来ない。と、思った夜、ネットで『電磁波対策グッズ』等で検索していくつかの商品を見比べた後これを注文した。届いたものはこれ↓

pendanto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キューリンクアクリルペンダントというものだ。ネット上の口コミをさらっと読んだだけ。なんとなく良さそう。というほとんど直観。一見おもちゃの様に見えるが、お値段12,980円。とにかく何とかしなければ辛かった。

商品説明には・・・

キューリンクに内蔵されたSRT™という独自のテクノロジーは、25年以上にわたり世界中の研究機関で調査・検証を繰り返し、進化し続けています。
物理学を応用した独自性で、欧米では非常に高い知名度を誇り人気のあるウェルネスグッズです。
キューリンクは、身体が自然に持つエネルギーシステムを強化し着用者が最適な状態を得ることで、本来持つ可能性・潜在的な能力を引き出します。
バイオフィールドのバランスを整えることにより、精神的な安定や電磁波・ストレスの影響を下げ心身ともに健康で質の高い生活を実現します。

このような方にお勧めします。
・携帯電話・パソコンなど身の回りの電磁波にお困りの方
・頭痛、不眠、肌荒れ、慢性疲労、ストレスを感じている方
・仕事、勉強、スポーツに集中力・スタミナが欲しい方

自然界に存在するヒーリング周波数の波動を最大限に活用することで、私たちの身体が本来持っているチカラを引き出し、本来のリラックス状態に導くことが可能に。カラダとメンタルを24時間サポート!
素材は軽量アクリルなので、軽い着け心地です。 すっきりとしたスタイリッシュなデザインで、キューリンクグッズの中の人気定番商品です。

と、ある。

商品は注文してから2日後に届いた。それから1週間、朝からずっと首にかけて使用した。そうしたらなんと、頭痛が改善された。それもかなり。結構びっくり 8-O 正直なところ、ダメ元で買った。とにかく頭痛を何とかしなければ、何とかしたい。という状況だったので、とにかく何かを使わなければ、という感じで注文したのだ。

入っていた箱↓

omote

ura

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1週間使ってみて今更だが、商品について初めて調べてみた。

Qリンクって何?と思い、検索してみたところ、この商品を販売している会社のホームページがあった。

http://www.qlink.co.jp/

へぇ~と思った。

要約だが、ペンダントに内臓された物質が自然界に存在する100以上もの広範囲の周波数で振動していて私達が持つ生命波動を共鳴させるそう。簡単に言うと、身体の波動を整える働きがあるらしい。ホームページ中の文章によると、つまり、キューリンクが「電磁波をブロックする」「電磁波に対して働く」というよりは、キューリンクが生体波動を整えるため、ストレスや電磁波の作り出す悪い波動の影響を受けにくくなるといえます。と、いう事だ。

確かに波動を良くする事は大切だと思う。そもそも私達の身体の中にある細胞は振動している。振動しているという事は波動がある。と、いう事は、良い波動を持つ細胞は良い振動をしている、という事であろう。

また、波動は全てに存在するという。よく、この人とは波長が合わない・・・等という事がある。これはもうはっきりと身体が感じている事なのだと思う。波長が合う人といると気持ちがいい。それは体内の細胞が違和感無くその人の波長を受け取る事が出来るからなんだと思う。

波長の話、奥が深いぞ。

現代の電気製品、電化製品、電磁波が出るものがいっぱいだ。便利だから、といって新しく出た商品を知識無しに使い始めるのはいかがなものかと今になると思う。新商品には健康に関するマイナスな情報は少ないからだ。必要無くても生活出来るものならばアナログな生活でも良いではないかと思ったりする。

今後の課題は家のパソコンの電磁波対策だ。さぁ、どうしよう?

今はとりあえず、上記のキューリンクペンダントを毎日着けて、夜寝る時には携帯は別の部屋に置き、就寝する部屋のコンセントは全て外している。

 

電気製品メーカーの皆さん、電磁波フリー商品を開発していただきたいです これ出来たら絶対ヒットするだろう。

 

今日の一句

雨音は ショパンの調べ しとぴっちゃん

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です