髪のゆがみ、薄毛、白髪、まず今夜から出来る事は頭皮のマッサージ

或る日の朝、駅のホームで電車を待っている時に、前に並んでいた男性の後頭部が目に入った。珍しい白髪のパターンだったからだ。ある場所に一か所だけ固まって白髪が生えている。まるで黒髪の上に出来た白い模様のよう。側頭葉の一部分を使い過ぎているのだろうか?

その日の朝はこんなに青空だった。今日は台風来てるけどね。青い空と白い雲。雲が白くてよかったよね。白っていいよね~。いつだったか、真っ白な髪をすっごく素敵にパーマかけてる女性をレストランで見かけた事があった。かっこよかった。まるでセクシャルバイオレットNo.1を歌っていた頃の桑名正博さんみたいなヘアスタイル・・・桑名さん、亡くなってしまいましたが。

 

でも、黒髪にぱらぱらと生える白髪は気になる~というもの。白髪は出来るなら生えてこないでほしいもの。

お題にした『頭皮のマッサージ』 そう、マッサージなら今日から簡単に出来るのだ。なぜ頭皮のマッサージが大切かというと、

頭には、筋肉が無い!からね。

つまり、筋肉が無いので頭皮はたるんだらたるみっぱなし!になるのだ。頭皮には毛穴があるので頭皮がたるむと毛穴だってゆがんでしまう。そのゆがんだ毛穴から出てくる髪も当然ゆがんでしまうのだ。そして・・・

頭髪の栄養は血液が運んでいる!からね。

頭にある血管って、頭頂部にいくにしたがって細くなっていく。頭頂部には毛細血管はあるが、太い血管は無いのだ。頭部血管の絵を載せたかったが、もしかしたらそういう絵は苦手な方もいらっしゃるかもしれないのでやめた。苦手でない方は『頭 血管』等で検索すると絵や写真が出るので参考にしてください(念のため、リアルな写真も出るのでご注意を)

上記の2点は、もしかすると知らない方が結構多いのではないかと思う。こういった点を知っていると髪へのケアもかなり違ってくるものだ。毛穴をきれいにして整えよう!そして、血液の流れをサポートしてあげるように頭皮を下から上へマッサージしよう。

上記をケアする事で、髪のゆがみと薄毛は解決される可能性はある。もちろん直ぐにでなないけど。半年、1年と継続していけばかなりの効果があると思う。実は、私も頭皮マッサージで髪のゆがみを解決出来てしまった :lol: と、いうか、シャンプー時の『頭皮寄せ洗い』を積極的にやってみた結果。シャンプーする時に両手の指の間隔を3センチ程あけて頭皮をつかむようにして頭皮を寄せては離し寄せては離しながらマッサージ感覚でシャンプーする方法で。毎晩やろう!以前に書いたページからおさらい↓

シャンプー方法。『もみ出し洗い』っていう洗い方でマッサージを兼ねてやっておりました。これ、ポイントです。毛穴をキレイにしよう作戦です。頭に2~3センチの間隔で両手を置き、その中央に向かって頭皮を寄せて~離して~寄せて~離して~の繰り返しで毛穴の汚れを押し出す様にします。また、頭って、筋肉が無い!らしいのです。ですので、頭皮がたるむと毛穴もたるむんですって~「キャー!!」そのたるんだ毛穴から髪が生えてくると、たるんだ毛穴の形と同じ歪んだ髪が生えてくるってわけでして。なので、いくら髪だけ何とかしようとしても効果は半減するのではないでしょうか?頭髪の栄養は血液が運んでいるので、頭皮をマッサージする事によって毛根にも栄養が運ばれるのでシャンプー時に心がけると良いと思います。ちなみに、頭部の血管って、頭頂部に近づくにつれて太い血管が少なくなるそうです。動脈等の太い血管が行きわたっている部分では髪にも栄養が行きわたりやすく、細い血管しかない部分には髪にも栄養が行きわたり難いって事ですね。つまり、男性の頭頂部によくハゲ(失礼)が多いという事は、頭頂部に栄養を運ぶ太い血管が無いのでハゲ易いって事ですね。白髪が生えやすい前髪の生え際もこの原理だと思います。ですので、血行を良くするマッサージ、大切!シャンプーは夜が良いらしいですよ~ 副交感神経の働きで血管が拡張して夜(22時~2時頃)髪に栄養が運ばれるんですって。朝は3時~9時頃が髪の発毛タイムで毛穴が開くので、シャンプーが毛穴に残留しがちなので朝シャンは避けた方が良いとの事。

以上、おさらいでした。

そして・・・白髪の問題。これは、つまるところ、

髪の細胞を若返らせる他無い!

そうなのだ。結局、白髪って年を取ると生えてくる。これは自然現象であって個人差はあるけれど致し方ない事。ならば、細胞を若返らせるしかないではないか。;-) ま、ストレスで白髪になるって事もあるようだけど。これは個人で解決するしかないもんね。

そこで、自分が知っている髪情報に、なるべく白髪を増やさないようにするには?という情報をプラスしてみたいと思う。

髪の成分とは?

  • タンパク質  約80% ・・・ これは18種類のアミノ酸からできている。中でも、チロシンとシスチン。
    • チロシン       ・・・ 黒髪になるメラニン色素を作りだす。
    • シスチン      ・・・ 多く含まれる程太く丈夫な髪を作る。
    • チロシン、シスチンが多く含まれる食品 ・・・ 青魚、大豆、卵、脂肪の少ない牛肉 *アミノ酸の合成には亜鉛やビタミンが必要。ちなみに私がず~っと以前から使用しているサプリは亜鉛強化となっている。ご参考まで↓
    • b

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 水分     約10%
  • メラニン   約4%
  • 脂質     約5%

 

髪の成長のために

  • 髪が成長する為には髪に栄養を運ぶ血管が頭皮にめぐらされていなければならない。頭頂部には細い毛細血管しかないそうなので、この毛細血管を元気にする必要がある。毛細血管は有酸素運動で増やす事が出来るそう。有酸素運動とは、ウォーキングや水泳、サイクリング等、軽い運動で継続的に長時間行う筋肉運動。身体のすみずみまで酸素を送る事が大切。血管は全身をめぐっているのでやはり全身運動をしないと頭の血流も良くはならない。
  • 髪に栄養が運ばれる夜22時から深夜2時頃には出来るだけ睡眠を取るようにする。成長ホルモンのゴールデンタイムだ。髪と睡眠には深い関係がある!深夜3時頃から9時頃が発毛タイムなので朝シャンは毛穴にシャンプーが残りやすいので避ける。

もしかして・・・顔面体操したら顔の血行が良くならない?

今思いついたのだがどうだろう!顔周りの白髪対策に顔面体操!どうだろ?:-D PC作業等の目の使い過ぎは目の周りの血行を悪くするらしいので眼球をぐるぐる回したり眉毛体操なんていいかもね。ま、これは私のアイデアだけど。

ところで、

ちょっと注目したいのが、ケイ素だ。ケイ素は、現代人にとって不可欠な抗酸化物質らしい。ケイ素は活性酸素を除去して細胞レベルで回復させてくれるのだとか。細胞内のミトコンドリアを活性化してくれるそう。細胞レベルで活躍してくれるのなら、毛母細胞にだっていいはず。細胞の若返りが白髪改善につながるからね。

ケイ素を多く含む食品

  • アルファルファ  ♦ もやしの赤ちゃんみたいなあれ
  • 穀類 (カラス麦、ひえ、あわ、大麦、等)
  • じゃがいも ♦ 意外にもね!ドイツや北欧の人々の体格がいいのは、じゃがいもが主食だから?8-O
  • 青のり
  • お茶類

アルファルファやじゃがいもはスーパーで手軽に買える。アルファルファはケイ素以外にも体に良い成分が豊富なのでアルファルファレシピを考えてみるか・・・8-)

そして、とっても大切な事。

黒髪になる~ 黒髪になる~ 黒髪になる~ と、イメトレする事。梅干し想像すると唾液が出る。黒髪を想像するとメラニンが出る。そんな事になればバンザイだからね。

 

今日の一句

誰だろう 白髪がステキ あの人は

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です