夜を愛する

夜が来た。

静まり返る夜が来た。

しあわせである。

自分が呼吸してるってやっと感じる。

 

昨日、今日と晴天の週末だった。

 

私がきらいな晴れの週末。

バイクが走り回る週末。

車の騒音が止まない週末。

 

いつからこんな町になったんだろう。

車の騒音で起きる朝。

イバラのように尖る気持ち。

高速道路のトンネルの中みたい。

車の走行音が響き渡る。

一日中続くイバラの気持ち。

こんな暮らし、終わりにしたい。

 

廃人のように一日を過ごす。

せっかくの週末なのに。

 

そんなことを考えた日曜の今日。

 

明日は仕事。

楽しい週末を過ごしたみたいにいつものように雑談をするんだ。

本当はそんなことないのに。

車の騒音で気が狂いそうなのに。

でも

仕事場では車の騒音の話なんてしない。

車を運転する人ばっかりだから。

 

嗚呼。

 

夜は良い。

静かになった夜は良い。

 

車はまだ走ってるけど。

昼間程ではないものね。

 

道を管理してる国土交通省は

道は車が走りさえすればいいのさ。と思っているのだろう。

 

なんてったって

お金絡みのお役所だ。

 

嗚呼。

 

夜は良い。

静かに過ぎる夜は良い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

れもんのブログ