テレビの無い生活

30日になってしまった。今年もあと2日ではないか。なんだか気忙しい1年だったな。

自分の今年最大のニュースは、なんてったってこのブログを開設したこと。ブログを始めるなんて思いもしなかった。人生何があるか分からないな。

この数年、テレビを見ない生活をしているのも以前の自分には信じがたい事かも知れない。

意外や意外、テレビ見なくても平気になった。

ニュースはネットで見聞きしている。時間がある時に虎の門ニュースなど見ている。面白いのでテレビの普通のニュースなんてもう見る気にならない。ワイドショーネタばっかりで朝から暗い気分になることもあるテレビは出かける前に見る必要もないと思ったりする。朝に出てくる各局の女子アナってのも見ていてつまらない。って・・・今は見てないけど。唯一、女性アナウンサーで好感を持てるのはNHKの有働アナ。今は見てないけど。通り一遍シナリオ通りって感じじゃない人間っぽいところがいい。人間だけど :lol:

テレビを見ない生活をしていると、自分がしたい事が出来る。つい見たいドラマとかがあるとそのドラマの時間帯に縛られて結局何かが後回しになったり、やり損ねたり。以前はそんな事がしょっちゅうだった。あ~私ってテレビにコントロールされてる。なんて思う事もしばしばだった。テレビにコントロールされてるって、時間の使い方程度ならまだ軽傷だが、テレビの影響って結構いろいろあるのだと思う。CMとかでよく耳にする企業名だとちょっと信頼度上げちゃおうかな、なんて。

それに、テレビを見ていて時々思っていた事は、自分は作る側の人間なのにな~という事だった。別にテレビの世界を作るって事ではなくて、まあ、モノを作るのが好きなので、こうやって見てばっかりの立場にいる自分をダメじゃんって思っていた。

でも、テレビを見なくなると結構自分の時間をコントロール出来るのだ。今日なんて、これを作れた ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショールをリメイクしてミニバッグを作った。近所に買い物に行く時など、財布と鍵位入れて出るのに良い大きさ。

テレビっ子で育った身としては、テレビを見ない生活なんて想像もしなかったが、案外簡単に慣れるものだな。

テレビを見ていないと、時々ぎょっとするものも見ないで済む。テレビって一方的に映し出されるものだから、時には見たくないものまで見てしまうなんて事もあった。突然そんなものが現れた時には、視覚的暴力だ~!なんて思ったものだが、見ないとそんなことも無い。

今、どういう人達がテレビに出ているのかあまり分からないが、まあそれでもいいではないかと思う。テレビで見たいと思う人も特別にいないから。

世間ではテレビに出る人達って特別扱いされたりするけど、そういうのもなくなればいいのに・・・なんて思う。

俳優は俳優、歌手はアーチストなんて呼ばずに歌手って呼べばいいと思う。または歌職人とか?素朴。歌手の事を何故アーチストと呼ぶのか理解出来ない。アーチストというのは芸術家の事だよ。と、言いたいよね。

ま、テレビを見ていると、テレビの思い出が沢山出来るわけなのだが、そんな思い出も今は作らない。

見て楽しむより、知って楽しむのが今の自分には合っている。知る為にはテレビよりインターネットや専門書の方が良い。ネットの場合は自分の着眼力を頼りにするしかないが。テレビだけでは知る事が出来ない事があり過ぎるのだ。

でも、明日はテレビがある家に行く。夜は紅白を見るかな。今年の紅白は・・・?と思い出場歌手をチェックしたら、

なんと、興味が無い人達ばかり。がっかり~。:mrgreen: 白組なんて、4組しか知らない。 ゆず、V6、郷ひろみ、関ジャニ。関ジャニって言っても、それぞれの名前なんて知らないし。紅組もよく分からない人達がいる。

こりゃ、ゆずのハーモニーとひろみ郷の元気っぷりを見にちょっとだけチャンネルを合わせようかな。紅組もあまり見たい人がいないしね~。

* 追記 ↑これ、第一部の出場者だった。 第二部には知ってる人がもっといた。8-)

 

テレビを見なくても十分に生きていける。

でも、時々テレビを見ることがあると、と~っても新鮮な気分になる。

 

皆様、良い新年をお迎えください。

 

たぶん、これが今年ラスト?

 

今日の一句

あと二日 やることいっぱい 師走かな

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です