アイラブ北海道産だから北海道が侵略されていくの黙ってられない。だから書くわよ。のんきな北海道知事 その1 虎の門ニュース2019.11.07より

虎ノ門ニュース、有本さん登場の日は良く見る。

番組スタート当時からのヘビーウォッチャーの私だ。

仕事場が近くにあったからスタジオを見に行ったこともある。

収録時ではないだーれもいないスタジオだったけど。

 

 

感想・・・ せっまーーーーーーい!

 

こんな狭いとこでやってんの?

と少々驚いた。

そんな虎の門ニュース、先日の11/7に再び小野寺氏登場で北海道を取り上げていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こりゃ文字起こしするべし!

と思い立ち、

がんばった。

この後、その2へと続く文字起こし、

長かった・・・。

やっと終わった・・・。

 

うっ(泣)

 

北海道は私の大切な大切な食料が生産される土地である。

 

守らねば!

 

と、いう思い。

てんさい糖も大豆も玉ねぎもトマトも

北海道産なくしては成り立たない私の食卓。

なので、

北海道を守りたいわけ。

 

著作権侵害にはなりませんよね?虎のみなさん。ほとんど毎日見てますのでね、風邪に気を付けてがんばってくださいませ。

 

では、 行ってみよ~~~

 

 

居 : MCの居島さん(おりしまさん)

有 : ジャーナリストの有本香さん(ありもとかおりさん)

ま : ゲストの元北海道議会議員、小野寺まさるさん

 

<以下、2019年11月7日の虎の門ニュースより抜粋>

 

居 : 続いてのニュース、よろしかったら小野寺さん、お選びいただけますか?

ま : これはもう僕一択ですね。

居 : はい、

ま : あれ、どれだ・・・そうそうそれ・・・

有 : これでも、後で後半でやるんですよね。ええ。準備をしているんですよね。

ま : まあまあ、軽くやりましょう。

居 : じゃ、軽く行きましょう

ま : はい

居 : え~中国副主席対日交流に意欲、北海道知事と懇談とありますが、どういった内容なのか、深入り参りましょう。

え~こちらは時事通信の記事の概要です。中国の王岐山国家副主席は先月25日、北海道の鈴木なおみち知事と札幌市内のホテルで懇談しました。同幹部によりますと、王氏は席上、日本は中国との関係において様々な分野で可能性があり今後も交流していきたいと意欲を示したということです。一方、鈴木同知事は道産米の輸出をどんどんアピールしていきたいと述べ、王氏から中国にも来てください、と求められると、ぜひ、と応じ、交流を約束。雑談を交えるなど終始和やかな雰囲気だったということです。また、防衛相、防衛研究所や外務省に勤務した経験がある北海道内閣の男性教授が中国当局に拘束されたことに関して北海道幹部は、話題になったか?も含めてコメントを控えたいと述べました。となっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有 : ん~~~~~~

ま : これ、もう、この記事を見てまず最初に笑っちゃったのは、ま、中国に来てくださいっていわれて、喜んで、って言ってますけど、いや、道民が監禁されてるんだと。おまえも監禁されるぞと思ったんですけど。どうですか・・・あっはっは・・・

 

有 : ねぇ~~~~~

居 : そうですねぇ~。

ま : だから、今、その、後から、ま、特集の方でやりますけれども、ま、今中国というものに、ま、北海道が相当浸食されている中で、ま、知事っていう北海道のトップもですね、道民もしっかしとした対応をしなきゃならない中でこういうのんきなことやってるというのがベースにあるので、今の侵略だったら大変なことが進んでるだなっていうのがこのニュースからでもほんとに分かりますし、ま、北海道のトップとして道民が監禁されてる中で何でこんなことをのんきでやってるのかってのもちょっとこれはいらっとしたニュースでしたね。

有 : そうですねぇ~

ま : で、ま、マスコミも騒がないのもちょっと理解出来ません。

有 : いや、しかしね、このぉ、まぁ、何て言うかな・・・鈴木知事ですよね・・・何でこの人だったんですかねぇ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま : ま、実際にですね、ま、いろいろ・・・

有 : 小野寺さん、出られればよかったのに

ま : ま、中央のパイプもありますし、ま、いろいろな所の、まぁ、支援もあったので、出て来たっていう風になりますけれども、ただ実際に、ま、いろいろなことを見て行くと、まぁ、後からも話しますけれども中国と相当、まぁ、つながりが深かったりですね、不可解なことも相当やっているので そう考えると本当にこれからの北海道、大丈夫なのかな?っていう風にですね、危惧せざるを得ない様なニュースをここからも垣間見ることが出来ますね。

居 : 相当人選に関しては対立候補のいしかわさんていう方の発言も仰天発言でしたもんね。

有 : そうでしたね。

ま : 北海道を独立させたい、みたいな

居 : 北海道共和国うんぬんみたいなお話しされてましたよね。

有 : 何言ってるんだっていう話ですよね。

居 : 流石にちょっとのけぞりましたけど

有 : いやあ、結局だからね、そのぉ~この知事ですよ、あの、毎度毎度どこでもそうなんですけど知事選となると候補者がいないっていう事態が起きますよね

ま : ま、そうですね。

あの東京もそうでしたしね。それから東京の最近だと、埼玉県の県知事選ね、あのぉ、結果的にはおおのさんという、え~、元参議院議員かな?あの方が当選しましたけれどもね、自民党は全く政治経験の無いあのスポーツキャスターだった、ねぇ、青島健太さんをかついだ訳ですよ。ですから、その青島さんが人材としてどうかこうかと言うよりもやっぱり知事ってスゴイ大変な権限持ってる重席ですからねぇ自民党は、その、じゃあ、今まで担げる人いなかったんですかっていう話なんですよ。この埼玉県のね、ことをまぁ分かっていて、で、地方行政そのものに関心のある

居 : はい

有 : だからその辺りがいつもその問題ですよねぇ。で、大阪だって然るべき、要するに大阪しかりでね、あのぉ、ま、その人個人が資質が低いとかいうこれ話じゃなくって、いきなりですよ、全くそれまでそういう風なことに関わりを持ってこなかった人が、ポンと、その知事という重席に、しかも与党から担がれて、ま、国政のね、これだけ大きな与党から担がれてしまうというのは、ちょっと違和感がむしろありますよね。

居 : はぁはぁはぁはぁ・・・

ま : で、ま、実際には今回その王岐山の方から、ま、いろいろ注文を受けて、ま、いろいろ話合ったその注文の重さをですね、あまり理解されていないように思うんです。わざわざ副主席が、副首相が来てですよ、北海道の知事にお願いするっていうことは、国益に叶う何かを絶対に言ってるはずなんですけれども、それに関して北海道は絶対リスクを背負うということをですね、全く理解しないで、ああ喜んで、みたいなこと言ってる、これ後から説明しますけれども、そう考えると本当にトップとして真剣にその北海道の在り様を考えてるのかな?と思わざるを得ない、と、わたくし思いますね。

居 : ん~~~~~

有 : あのぉ~国益っていうのはつまり向こうの国益ですよね。

ま : 向こうの国益です。こっちの国益は関係ないですから。或る意味。中国っていうものは。

居 : はい、

有 : ただね、その、確か、後ほどね、この件、深入りするんですけど、えっと、これあのもう既にこの本実は絶版になっていて、今度あのぉ新しくあの最近の情報を揃えてですね、出し直すんですけど、この本をわたし書いたのは2011年、ですから取材を始めたのはその前の年か、前の前の年なんですよ。

居 : 震災の年ですね。

有 : はい、2009年か10年。で小野寺さんに初めてお目にかかったのがやっぱりちょうどその頃で、もうかれこれ10年経つんですね。でね、これがですね、要するに、あの~ま、その頃から全く変わらないんですけど、ま、当時はね、今以上にその北海道で土地買収、大規模な土地買収が中国資本、中国系の資本によってされているということを一般に理解が無いから私達が言うとですね、ま、なんかそれ、右翼の妄言だみたいに言われて髄分なんか、反発、攻撃を買いましたね。

ま : オオカミ少年扱いでしたね。

有 : で、確かに、そのぉ、投資、登記目的で、買ってる人も沢山いるんですけれども、でもそうではない目論見が絶対あるはずだと言う事を言っても、とにかく北海道に行くじゃないですか。実際に大規模買収のある所の自治体の人とかですね、或いはそのまあ道民市民という人達と話をしても、いや、ま、経済良くなるんだったらいいんじゃないかっていう全く何の警戒感も無い、で、それがね、未だにまだ続いていて、知事の頭ん中それしかないですよね。

ま : まぁ、お金ですよね。

有 : んん、で、実際、別にお金もさほど落ちてないでしょう。

ま : ま、そうですね。落ちてないですね。

有 : 不動産の売買はあるかも知れないけど、それによって何か活性化した・・・

ま : 道民がそれで儲かってるってことはあまりなくって。経済波及効果はちゃんと、その、検証しないのに雰囲気だけで、ま、ウェルカムでやってるって節は多々ありますね。

居 : んん

有 : そうですよね~。全然変わってなくて・・・・ただまあ、一般的にはね、まあ、あの、知られては来たので、そこは、はい、一応、認知度が上がったことは良かったのかなと

ま : 実際に認知度が上がったことによって、ま、ある自治体の町長は中国資本に売るのは危険なのでそれは町で全部買い上げるって言って町で買い始めた自治体もあるんですけれども、その町長を見習えとわたくしは言いたいですね。

有 : で、後ほどねこれもう一回見せるんですけど、ちょっとこれ、わたくしの、え~と~この前も虎撮りか何かでお見せしたんですけど、これ、あの、小樽和光荘ですね。

居 : 歴史的な建物ですね。

はい。昭和天皇がね、あの、北海道に行幸された時にお泊りになった所なんですが、ここが中国系の資本に買収された。で、これはね、在日中国人の会社ですね、法人ですね。ですから日本の法人なんですよ。で、このね、これを買ったその中国人の会社、同じ会社が夕張鹿鳴館を買ってるんですね。

 

 

*動画はお借りいたしました。スタート後に登場する赤い看板には確かに中国語があり・・・

 

 

 

ま : はい、買ってますね。

有 : で、この夕張鹿鳴館を買った時は、この今の鈴木知事は夕張の市長だったんですよ。商談をしている時はですね。で、その時からかなりこの人は中国とこうなんていうかな交流を深い交流を求めているというような状況の人だったんです

ま : そうなんです。はい。

みんなで : んんん~

ま : まあ、後ほど詳しく。

居 : 番組後半でまた改めて

有 : 元、都庁の職員ですよね、この人

ま : そうですね。はい。

有 : 夕張が財政破たんして、それで送り込まれたっていう人ですよね。

ま : まあ、見た目にカッコいいので、ばーーーーっと人気が出て、ま、市長になって

居 : 確かに、涼しい、そうですね、イケメンの

有 : 若いですからね、まだ

ま : 若いですし、実際にやっていたことは本当に市長としてふさわしかったのかっていうのは、全く検証されないまま知事候補になって今にいたってるってことですね。

居 : んんん~

有 : まあね~・・・・本当にね~、はい、(ため息~)

居 : はい、では、有本さん、続いてですけど、いかがいたしましょうか?

有 : そしたらですね、えーーーーー、やっぱりこのあれですかね、韓国GSOMIAとその応募工のはなしですかね

居 : こちらですかね、はい、こちらとこちら、続けて2本立てで参りましょう。

応募工 韓国国会議長提案に反対 原告側に怒り というニュースともう一本、

米国務次官補が韓国訪問 GSOMIA維持要求か とね、韓国絡みのニュース2本立てで深入り参りましょう。

共同通信によりますと・・・・・

 

< 文字起こし、以上 >

番組は続く・・・

 

あ~焼き芋食べたい・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなた、だれ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一句

雨だった バイクがこない しあわせだ

 

 

れもんのブログ