日本のルーツ

日本人って、大陸から渡って来たとか、南のミクロネシアの島々からやって来たとか、数種類のルートがあるってこれまで聞いてきたと思う。

今日、昨日1月13日の虎の門ニュースを聞いた。今、金曜担当は科学者の武田邦彦先生と経済ジャーナリストの須田慎一郎氏。番組の中で武田先生が解説する虎の門サイエンスというコーナーがある。なかなか面白い。

で、今日のお題は、『日本のルーツ』だった。

興味深かったので、ちょっと文字に起こしてみた。

番組中では図やグラフを使って説明されていたが、それらは省略させていただく。( )はMCや須田氏のトーク。

以下がその内容 ↓

まぁ、ひじょうに簡単にご説明します。新しい視点だけですね。はい、次お願いします。え~っと、まぁいろいろありましてね、多くの人は日本人は大陸から渡って来たって風に思ってるのが多いってのと、稲作は弥生時代から始まったと、思っておられますね。

(教科書でそうですね~)

それで、ええ~っと、最近の研究でですね。えー、気温の研究、まずですね。DNAの研究、朝鮮における遺跡の研究、それと縄文遺跡の研究が進みまして、おそらくは日本人は南の方の島から渡ってきて、大陸より文明は日本の方が早い、つまり、シナの文明が日本に来たんじゃなくて、ま、日本の文明が朝鮮とかそっちに行ったんじゃないか、はい、ちょっと今からお話ししますね。稲作は縄文時代から、これはものすごく古くから、え~あれしておりますね。それからもうちょっと一つ補足的には、日本の縄文時代にはほぼ朝鮮半島には人はいなかったと推定されます。特に今から1万年前から5千年位前まで、え~朝鮮における遺跡の数がすごく少ないんで、ほとんど人がいなかった。それで、ついつい日本人が南朝鮮にも住んでいた、これは、あの~朝鮮の三国志とかですね、朝鮮の方ですけど、三国志記って言うんですけど正しくは朝鮮の方ではですね。それから宋期、宋の期と書くんですけど、それはあの、元と△■◎〈聞き取れず〉じゃなくて、ちょっと前の宋なんですけど。それによるとですね、え、詳しく日本というのは朝鮮に何か国、それで朝鮮半島に何か国、それで、きないに何か国、九州に何か国、って書いたものが随分ありますので、ま、間違いないだろう。それからもうひとつはよくあの縄文人が弥生人に切り替わったって、そんなに切り替わるだけの人口は来ておりませんので、勿論切り替われない。だからまぁほぼ縄文人のままだという事ですね。次、お願いします。であのぉ~、これはちょっとねあの~私~人のデータなんでちょっと軽く行きますけど、一つはY染色体ってのが、まぁこの前、男系天皇で言われましたように、あのぉ~天皇が男系であるって言うのは、Y遺伝子が神武天皇から今生天皇までつながってるという。そういうことを、まぁね、使ったものなんですけれども、だからY染色体の分析ってのは随分行われるわけですが、え~モンゴル人ですね、それから中国の北部、シナの北部、それから韓国人、と、日本人というのはもう全然パターンが違うんです。ほぃで、Dっていうパターン、これ細かく言うとものすごく時間がかかるんで、Dってパターンが非常に多いタイプでですね、これ明らかにもう人種が元々ルーツが違う、で、全体的には遺伝子の図っていうのがすごくあれなんですが、中国、朝鮮系の系列のこれに分布するのと、こっち側に分布するのと全然違ってですね、まぁ、象も違うと。それは何故こうなったかと、次お願いします。ま、最近の研究でだんだん分かって来たのは、実は地球温暖化っていう地球の気温ですね。ほいでだいたい人類ってのは、これいろいろな説があるんですけど、典型的、一番中心としては10万年前にアフリカから出て来て、その前はネアンデルタールだったんだけど、ネアンデルタールはあの、このサンガモン間氷期、これ字が逆になってますが、サンガモン間氷期、13億年前のサンタモン間氷期、これあのネアンデルタール人が栄えて、寒冷になってこれ絶滅します。でその代わりにこの辺から出て来たのは現代人でホモサピエンスですね。それでこうずーっと来ましたから、ずーっと寒かったんですよ。この寒さっていうのはものすごく寒いわけです。マイナス8度。

(ネアンデルタールとクロマニョンの間に、あれですよね、その~ちょちょっと何て言うんですか▽〇◆X△◎♪・・・ )

そういう細かい事はちょっと、あのネアンデルタール人から現代人。

(あ、は、はぁ~はい、)

で、え~と、6万年位前にメソポタミアに来まして、その頃の6万年ていうのはねここなんですよ。ここね、ここ、どういう状態かって言うと、アジアは全部こういう状態なんです。写真はこれ現代の写真ですけど、

【山と湖一面氷の世界、流氷の写真が出る】

気温から言えば。

(住めないんだ)

で、メソポタミアから中国には行けません。だって全部氷が張ってるから。ね、あのこの気温だと全部ここ氷ですよ。

【インド北部からアジアの辺りを指して】

氷だから氷の所ソリで渡ったって作物なんてなくて餓死するから、だから全部南回りだと考えられます。それでえ~と、日本人の遺伝子と今一番似ているっつうのはこの西パキスタンとここらへん【タイ辺り】のあのセイロン、ここらへんの遺伝子なんです。ですからこう回って来た。

【インドからタイ辺りへのルートを指しながら】

で、遺伝子がそう回って来たので、よく考えてみるとそれは当たり前だなと、だって、ここ凍ってるんだから。

こっち来るでしょう。【インドから海を渡って】 だから3万年から4万年、ここなんですけどね、4万年から3万年前日本人が縄文の初期に来る時には、こちらは無人ですよ。【中国南部辺りを指し】無人。で、こう回ってきた人が【タイ辺りから海を渡って日本へ】こっちに来るって感じなんですね。だから、まぁ今まではこれまでは地球のウィスコンシン氷期があって現代は今あったかい時ですね。もうすぐ寒くなりますけど。従ってええっとあの~こういったね、ルーツも本当にこの大陸から、我々大陸から来たと思ってるけど、それは現代の気候気温、このあったかい気温なら中国とか北朝鮮に人が住めますが、この気温ですべってもね、これ無理なんですよ。従ってね、次第に少しずつ直されてくるんじゃないかと。ただこの直されてくるのが何故か今止まっているかって言うと、 さっき教科書って言ったように日本の教科書はあの、近隣諸国情報があって、日本人の子供に嘘を教えてもいいよと、中国と韓国が文句言わなければって、これが原則なので後退に後退を重ねてそのうち変な事になって、あの~弥生、大陸から来たとか騎馬何とかとか そんな話だけあるんですけど、騎馬民族が来る時なんかは寒いわ、ってなってね、馬もね、あのぉ~草が生えていないこんなとこに住めるの?っていう事になりますので、え~とまぁ日本人のルーツは基本的には南からですね。あのぉ~それであって、あと稲作も当然稲作は南からしか来ないんですよ。だって稲作ってのは亜熱帯、だからここからしか来ない。まさかこのね氷のとっこから稲作は来ない ま、そこらへんもですね、この地球温暖化の研究が進むとその余力として日本人のルーツというのも大きく変更されるだろうと思います。それからまぁ、これは科学ではありませんがぜひ文部省にお願いしたいのは、え~と近隣諸国の文句よりか日本人の子供を大切にしてほしいという風に思っとります。そういう事です。

(ありがとうございました。)

(へぇ~ ぜんぜん知らなかった。)

そうでしょう、そうでしょう。新しいサイエンスを少しここで、はい。

(名も知らぬ遠き島より流れ寄るヤシの実ひとつ・・・)

そういう事です。

(あれ、案外正解・・・)

正解です。

(南から来た。)

南からしか来れないんです。

(なるほど。)

寒くて。

(ありがとうございました。武田邦彦先生の虎の門サイエンスのコーナーでございました。)

 

以上、書き起こし~:-o

 

壮大な人間の旅、スゴイな。

 

今日の一句

雪の女王 サボってちょうだい 大寒波

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です