嫌味体験記 第一回  

子供の頃、細うで繁盛期というテレビ番組を見た記憶がぼんやりとある。演じる新玉美千代さんが富士真奈美さん演じる役に「にゃーだよ、にゃーだよ!」と、意地の悪い口調でいびられる番組だった。内容はよく覚えていないが。

このいびり役の富士眞奈美さんの役は強烈な個性で、意識の中の仮定上ではこんな人は現実にはいるはずがないと思いながら見ていた。

しかし、大人になって社会に出てみると、結構色んな人がいるもので、この世を生きるというのは人間勉強だな~とつくづく思う。こんな複雑な世の中だから、その複雑をより複雑にはしたくない。楽な気分で過ごしていたいものだ。

ちなみに、富士眞奈美さんがテレビに出ているとつい見てしまう。富士眞奈美さんと吉行和子さんと今は亡き岸田今日子さんの仲良し3人組のトークはいつも楽しくてテレビ出演されているのを知ると「お、見なくっちゃ!」と、チャンネルを合わせていた。富士眞奈美さんはいつも明るくって衣裳も綺麗で、あの「にゃーだよ、にゃーだよ」の強烈な役柄とはまた違った個性で興味が湧く。吉行和子さんもとても個性的で我が道を語る2人の掛け合いは面白い。岸田今日子さんのムーミンで育った世代としては、幅広い世界を持つ岸田今日子さんの魅力にもとても惹かれたものだ。;-)

それにしても、富士眞奈美さんのいびり役、すごかったな。

これはテレビ番組だったが、だとしても他人にそこまで言える人って、どうしてそんなに言えるのか?と、謎な私。

仕事場にいるまゆげちゃんも私にとっては謎な1人。まゆげちゃんは、ちょっとした嫌味を言うのがとても得意な女性。最近、新しい業務をしているのだが、まゆげちゃんはもう何年もこの仕事をしている。新しい業務に徐々に慣れてきてはいるが、スムーズにはいかない事もある。そんな事あるごとにまゆげちゃんが嫌味を言ってくるので時々考えてしまうのだ。私の仕事とまゆげちゃんの仕事は全く同じではないが種類としては似ていてまゆげちゃんはいつも私の進捗具合を垣間見ている。まゆげちゃんのデスクは私のデスクと向い合せ。ちょいと顔を上げるとパソコンの上からまゆげちゃんの弓なりの超ポジティブ型の眉毛だけが見える。なので私はこの女性をまゆげちゃんと呼んでいる。

金曜、突発的な仕事が出来てルーティン作業をするのが難しかった。海外が絡むので週末前に終わらせなければならなかった。そんなこんなに取り組んでいる私の横にやって来たまゆげちゃん。私の事情を全て知っているはずでもないのに、「今日は〇〇出来そう?」と聞いて来た。「今日はちょっと難しいかな~」と私が答えると、すかさず私にこう言った。「仕事が出来ないから」嬉しそうに囁いた。あぁ・・・また始まった。と、心の中で思いながらまゆげちゃんが自分のデスクに戻るのを横目で見ながら仕事続行。だって本当に忙しかったから。まゆげちゃんの嫌味に付き合ってる暇なんて無かったのさ。まゆげちゃんの嫌味はいつも決まって周囲の人間がいない時に始まる。私に嫌味を言う時のまゆげちゃんはとても生き生きとしている。周りに人がいる時とは大違い。何才か年下だが、もう200年位生きているんじゃないかと思う位の心臓だ。

時にまゆげちゃんの嫌味に気分が撃沈した事もあったが、ものは考えよう。こんな嫌味な人間に会う機会はそうあるもんじゃない!そうだ!嫌味な人種研究をしようじゃぁないか。と、思い立った。

ネットで『嫌味な人』と、検索してみたら、あら大変。サイトがいくつもいくつもあるではないか!びっくりした。世の中にはこんなに嫌味な人がいて、迷惑を被っている人がいるって事か?色々読むと、嫌味を言う人ってどうやらシアワセではないらしい。

嫌味を言う人に知ってもらいたいな。嫌味を言う事で自分が不幸だって思われてるって事。

そして色々考えた。嫌味を言えるって、元々の性格なのか、それともおばさんになったからなのか?女性は年を取ると神経が図太くなるっていうから、もしかしたらまゆげちゃんはもう既におばさんなのかとも考えた。化粧気のあまりないまゆげちゃんはほっそりしていて実年齢より若く見える。そして何事も笑顔で発言する。嫌味を言う時だって満面の笑顔。スゴ技!

で、なんとなく『おばさん』のキーワードで検索してみた。これもびっくり。おばさんについての沢山のページがあるではないか。私もおばさんのお年頃だが、嫌味なんてサラリと流せる心臓を持ちたいものだ。強くて優しいおばさんになりたいな。おばさんって好き。ステキなおばさんって多いもの。

 

今日の一句

晴れやかな 今日は日曜 友が来る :-D

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です