夏の日の最高な一瞬、陽の出を見に行く … Going to see sunrise

先週、山の日の夜に帰省した。とても涼しい夜で快適だった。夜に帰省すると自然と夜空を見上げるのだが、都心近くに比べるとやはり星が綺麗だ。夜の空でも澄んでいるのが分かる。流れる雲が月明かりに照らされていたりすると遠い昔の風景を見ている様な気分になる。

その翌日、早起きをして日の出を見に行った。新聞の日の出時刻をチェックすると4:53だった。起きられるか?と、自信は無かったが起きられた。太平洋の日の出↓  ;-)

umi 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 7

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かもめは一羽のことが多い。

umi 12

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

umi 13

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水中にごつごつ見えるのはテトラポット。私が子供の頃には無かった。この海岸は、急に深くなる場所があり、以前は遊泳禁止だったが、このテトラポットが置かれるようになってからサーフィンをする若者がはるばる内陸方面から来るようになった。テトラポットのある海の風景は私は嫌いだが仕方無い。遠い記憶だが、子供の頃、夏休みに海岸に日の出を見に出ると太陽は真正面から上がっていたように思う。しかし、この日は水平線のかなり左寄りの方から太陽が顔を出した。私が記憶している子供の頃の日の出が7月だったのだろうか?7月と8月の日の出の位置にそれ程違いがあるのだろうか?と思ってしまった。引き潮の朝に行くと、海水はかなり遠浅になっていて水がきらきら輝きとても綺麗だった。水平線から太陽が顔を出す瞬間の空の色は蒼から紫、薄桃色、紅・・・とグラデーションが例え様も無く美しく変化しそれはそれは素敵な時間だった。太陽がすっかり昇ってしまうと、遠浅の水の中から貝殻を拾いあげてきらきらした表面を握り締めながら次の貝殻を探した。少し時間が経って表面が乾くと貝殻の色が褪せてしまって少しがっかりしたものだ。

 

海岸と反対側の空は既に青空↓

blue sky

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん丸の穴↓

suna 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん丸の穴、拡大↓

suna 2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん丸↓

suna 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴょんぴょん丸とは、砂に出来た穴から出て来てぴょんぴょん飛び回るヤツ。子供の頃からぴょんぴょん丸と呼んでいる。このぴょんぴょん丸、昔はもっと丸々としてもう少し大きかった様な気がする。この日はちっこいヤツばかりだった。生態系に何か変化が起こっているのだろうか?

 

この日の夜の事件。

台所にゴッキー野郎が現れた。発見したのは父。ちょうどその時台所に父がいたのだ。すかさず〇〇ジェットを手にした父。ゴッキーを追って〇〇ジェットを噴射。しかし命中出来ず。「お父さん、ママレモンの方がいいって!」と、わたし。私もママレモンを持って参戦した。そんな私の声を無視して父〇〇ジェット再び噴射。合計三回。「お父さん、ドア開けて!」と叫ぶ私。この時、隣のリビングでは食事中だったのだ。〇〇ジェットの漂う匂いがリビングへ・・・8-O  窓を開け、扇風機をONにした私。三度目で上手くしとめたゴッキーを台所のドアからおさらばさせて満足そうな父が〇〇ジェットは効くと独りごちた。父が噴射した〇〇ジェットは台所にある食器の辺りにも舞い散ったのだ。あぁ・・・なんてこった。:-x そんな事を父は全く気にしていない。とにかくやっつける事だけが目的だったのだろう。世代間のギャップを如実に感じた。洗わなくてもいい食器を洗い直し、仕事が増えた夜であった。

 

家の前の畑は夏になるとジャングルになる。ゴッキーの一匹や二匹に驚いてはいられない。いや、やっぱり驚くな :roll:

n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の一句

夜になり 暑さ戻って ガリガリくん

 

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です