今日の虎の門ニュース、おもしろかった。

火曜日担当の百田さんのところへ有本さんが登場。

二人のかけあいが面白かった。

トークはいろいろあったが、このところの日本の海、領海、EEZについても。

テレビや新聞ではあまり報道されていないらしいが

まるで、幕末の日本のように

外国船が来ているらしい。

お隣の大きな国から。

沖縄の近くの島国からも。

日本の海の安全と平和、守りたい。

 

子供の頃、

海がすぐ近くにあった。

太平洋という名の海。

うれしい時も悲しい時もいつも海を眺めに行っていたんだけど

水平線の向こうにアメリカ、見えないか?

と、

じ==========っと目を凝らして見たりした。

アホな子だったのかしら~?

きらきら光る水平線には、多分コンテナ船だと思うのだが、

時々ち~~~~~~~~~っちゃな点のようになって船が進んでいるのが見えた。

朝や夕方には小さな漁船が何隻も遠くの海原に見えて

ゆらゆらと進むその姿をボーっと眺めたりした。

子供の目に映る海には平和しかなかった。

あの頃、きらきらしていた色んなものは、

あの頃の大人達が守っていたもの。

だと、思う。

今、大人達は、

ちゃんと守っているのだろうか?

きらきらさせているのだろうか?

きらきら輝くいろんなものを

つくっているのだろうか?

きらきらのプレゼントは

大人から子供達への贈り物だ。

 

世界中の海が

きらきら輝いて平和でありますよう。

 

今日の一句

海の水 もしも言葉を 持ってたら

 

小説「時の朱色」掲載中 こちら→ http://iris-wildrose.com/novel