密かに思うこと・・・人類の進化は今私達に起きているのかも知れない 

以前から密かに思う事がある。

密かに思う事なので、ここに書いたら密かではなくなるのだが、口頭では誰にも言った事がないので“密かに”とした。

デリケートな問題かも知れないので、読んでいただく方の気分を不愉快にしてしまったら申し訳ない。

しかし、まじめに考えている事。

テレビ等に出演されている女性っぽい男性がいらっしゃる。例えば、IKKOさんやマツコ・デラックスさん。

男と女以外の違うタイプの方々を私は普通に思う。普通に思う、と言及する事自体、特別な事と思っているのではないかと捉える事も出来るが、とにかく否定的な感情を持っていないという事だ。日本では、男が男を好きになったりする事を表だって言えないという空気があるが、私は、こういう方々がもっと自然に生きられる世の中であってほしいと思う。

ここまで書いたのは、ごく普通の事。

私が心の中で密かに思う事は以下。

上記で書いた様な女性っぽい男性、こういう方々は実は本当は最先端の人類なのではないだろうか、という事。

人類の進化の最先端だ。

もう一度言っておきたい。私は、女性らしい男性とか、そういう方を肯定している。素晴らしい才能をお持ちだったり、話しやすかったりする。(以前、仕事場の同僚がそういう方だったので何となく分かる)彼らは独自の世界を持っていて素敵だと思う。

で、元に戻り、人類進化の最先端の話。

いつの世も戦いが絶えない。地球上ではいつの時代も何処かで戦い、戦争が起きている。そして、戦いを仕掛けたり実行するのはいつも男達だ。歴史や政治、金がからんだ営利問題を戦って解決しようとする。

女は戦いなんて望まない。戦争なんてしなくたって最小限生活が出来て平和に暮らせれば良いと思う。美しい風景と家と美味しい食べ物と楽しいお喋り位出来れば毎日は十分だ。世界の国々の女性達だって、同じ事を思う人は多いと思う。

先端科学と技術を開発する為には資源と金が必要。それを手に入れる為に戦争が利用されたりする事もある。

テクノロジーは未来の地球の寒冷化や有事に備えて色々な対策の為に様々な技術が開発される為には必要だろう。

そういったテクノロジーを実現化する為には男の力は必要だが、戦争を仕掛ける男の力は必要無い、と、女は思う。

そこで、先に述べた女性っぽい男性の存在である。戦いを望まない人類はそういった戦いを好む男の性を遺伝子レベルで変化させつつあるのではないかと思うのだ。紛争が繰り返される世界を人類の遺伝子は繊細に感じ取っている。進化しなければいけないとセンサーが機能している。女性っぽい男性というのは、人類の遺伝子が未来を見据えた当然の進化の過程なのではないだろうか。男は人類の為に進化の途上にあるとしたら・・・ 女性っぽい男性は最先端を行く人類の形なのかも知れない。

戦争は繰り返される。人類が変わらない限り戦いが続くとしたら、人類そのものが変わらなければ地球は平和にはならない。

もし、

極端な言い方だが、やがて、地球上に男の性が無くなる日が来たら、地球上から戦争も無くなるのかも知れない。

極端過ぎかも知れないが、戦争を起こすのはいつの時代も男なのだ。平和男子を望む。

そして、人類が継続して生きていく為に、子孫繁栄の仕組みだって遠い未来にはもしかしたら変わってしまうのかも知れない。

なんて事を考える。密かに・・・

 

今日の一句

土曜日だ うれしい朝だ うっほっほ~

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です