生まれて初めての虫歯菌検査はとっても簡単だった 

はじめに・・・お食事中に読んでいただくのは避けていただいた方が良い記事。だと思う今日の記事。:roll:

 

歯医者さんでいただいたカタログ。

昨日、近所の歯医者さんで虫歯菌検査というものを受けた。

歯のメンテナンスに通った際に、虫歯菌検査というものがありますけど、受けてみますか?と言われ、興味があったので受けてみた。

 

初めに口臭検査というものを受けた。え?口臭検査もあるの?と、思ったが受けてみた。細いパイプの様なものをくわえて鼻で息をする。機械が口臭を測定してくれるしくみ。数値はOK範囲内だった。よかった:-D

次に虫歯菌検査。10円玉大位の半透明のガムを5分間噛む。こういうの↓

g

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奥歯、前歯の全ての歯を使って噛んでください、と言われた。すると、唾液が出る。結構出る。8-O そして5分間ガムを噛んで口にたまった唾液をカタログにも載っているが、下の様なシリンダーに出すのだ。

s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、唾液は培養器で培養されて検査にかけられるようだ。検査の結果は後日聞きに行かなければならない。検査の結果によって今後の虫歯予防の方法等をアドバイスしていただけるのだ。結果が待ち遠しい。

虫歯というのは、子供の頃に大人からもらった虫歯菌やその他の理由で口の中に出来るのだと思うが、これまでこういう事を調べた事が無かったので興味があった。一生自分の歯で食事をしたいと思うからにはこういう検査を受けるのもいいかも知れない。

ちなみに、この検査代、7,500円。 ちと高いかな?とも思うが、一生に一度と思えばまぁいいだろう。

歯医者さんの帰り道、横断歩道で赤信号を待っていたら、大きな黒い犬を連れたお品のいいご老人も信号を待っていた。犬がとても大きかったので、この犬が走り出したらこのおじいさん大変だな・・・なんて想像をしながら犬を眺めていたら、犬が私に気付いて見つめ返してきた。あ、かわいい と、思ったら、私の方へ寄って来た。毛並がつやつやしている。可愛がってもらってるんだな~。かわいいワンコだったので写真を撮らせていただけばよかった。と、後で思ったが、写真が無いなら描いてみよう!と思い、描いてみた。:lol:

d

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、「かわいいですね」と、言うと、犬の飼い主さんは「声をかけられると寄ってっちゃうんですよ~」と、笑った。今は、こちらから声をかけなくても寄って来た。あ~そうですか~と思いながら、信号が青に変わったので「失礼します」と、言って私は自転車を走らせた。

横断歩道を渡った所で別の方向へ曲がるのにまた赤信号で止まらなければならなかった。犬とその飼い主さんが後から追いついて来て、私と同じ方向へ進むらしくやはり赤信号で止まった。すると、犬はまた私へ寄って来た。かわいい 「わんちゃんは女の子ですか?男の子ですか?」と聞くと、「男の子です」との返答。そうか、男の子か。・・・君は犬、私は人間。いつか君が人間に生まれて来た時にお会いしたいわね。なんて事は思わなかったが、その時は私が犬になっているかも・・・?:mrgreen:

 

今日の一句

同じ町 いつか何処かで また会える?

 

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です