電車内のノイズってみんなどれくらい我慢してるのだ?

昨日はとってもあったかだったのに今日は肌寒くって大判のスカーフしてちょうどいいくらいだった。

朝にならないと着るものが決まらないな。夜になると暖房はまだ早いけど、冷えて毛布が欲しくなる。

 

本日は、愚痴。と言うか、クレーム。

今朝、電車の中で近くに座っていたサラリーマンがパソコンを使っていた。

車内は静かで私はバッグの上で読み物を開いていた。

カチカチカチカチカチカチ、パーン!カチカチカチカチカチカチ、パーン!カチカチ、パーン!カチカチカチカチカチ・・・・

パーン!というのは、エンターを叩いている時の音だと思う。

すぐ近くだったのでその音はすごくよく聞こえた。

もぉ~うるさいなぁ~ :-x と、思いふと見たら白髪交じりのおじさんだった。

こんなに静かな公共の車内で、おじさん何故にそんなに躊躇いなくキーボードを打ちまくっている? :evil:

その場で注意したくなったが、世間は狭いので、何処かでまた会ったら嫌だと思い黙っていた。

しかし、カチカチカチカチカチ、パーン!、ほんとにうるさい!

どうしてもパソコンを使いたいなら、周囲へのマナーとしてそんなに強くキーを叩かなくってもいいじゃないか。

心がけ次第では、エンターキーだってもうちょっと静かに打てるじゃないか。

全く周囲への迷惑を考えていない。いい年して!

って、思ったんだけど、周りの他の乗客をちらと見たら表情を変えている人はいなくって、迷惑がってる様子が全くない。

みんな、このパソコンの音、うるさいと思わないの?

と、内心ちらっと考えた。マナー違反だと思ってるのって、私だけかい?

疑問に思い、ちょっとスマホで『電車内 パソコン』とかでググったら、やっぱりマナー違反だと思う人は結構いる。

でもその反対に車内でパソコンを使う人の意見もあって、どうしてそれがマナー違反になるのか訳が分からないって人もいて、自分との感性の違いに驚いた。まぁ、人間様々だから仕方ない。

 

【追記】ここまでの文章は特急列車の自由席での出来事である。

そして、ここから先は普通の電車内での事。

 

でもって、帰りの電車。

今度はガムだ。

座っていたら、私の前にスネ毛ボーボーの男がやって来て立ち始めてしまった。

半ズボンをはいた若くないこの男はガムを噛んでいた。音を立てて。

もぉおおおおおおおおおおお~~~~~~~ 音立ててガム噛むのやめろぉ~~~~~~~~~!

と、心の中で文句を言った。

くちゃくちゃガムを噛む音を聞くと虫唾が走るのだ。

また注意したくなった。

しかし、思いとどまった。

少しして、私の横の座席が空いて、スネ毛ボーボーの半ズボンをはいた若くない男がそこに座った。

ガムを噛む音は私の耳の横にやって来た。

言葉が無い・・・:twisted:

下車する駅の少し前で我慢出来なくなり私は席を立った。

どうして私が席を立たなきゃならないのよ!?

ブツブツブツ・・・

 

それにしても、電車内のこういうノイズって、みんな平気なのだろうか?

それとも、関わりたくないからただ我慢しているだけなのだろうか?

だとしたら、日本人て我慢強いよね? ← 私も日本人だけど、これ褒め言葉じゃない。

 

こういう、ノイズに対する抵抗感とかって、

もしかしたら前世での習慣とか関係してるんじゃないかな・・・

なんて思ったりする。

ノイズにぜんぜん平気な人とか、平気でノイズ作る人とか、これ、神経の太さ具合じゃなくて、

遠い過去の自分を持ったままでいる・・・ような、

そんな気がする。

 

それにしても、パソコンの音といい、ガムを噛む音といい、

ぶちぶち切れる音だな。ぶちぶち切れる音って、人の気持ちを不愉快にするんじゃない?

『1/fの揺らぎ』ってあるけど、自然界にある水の流れの様な緩やかな音は人の心をリラックスさせる。

ぶちぶち切れる、特に破裂音は耳に障るんじゃないだろうか。

ぶちぶち切れる破裂音、要注意だぞ。

 

帰り道、

ふといい香りに振り返ったら、金木犀が咲いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金木犀の花言葉は、

『謙虚』『謙遜』『気高い人』『真実』『陶酔』『初恋』

ですって。

秋の香り。

 

今日の一句

冷えてきた 食欲も来た 夜が更けた

 

れもんのブログ