静かにするべき時は静かにしようよ。

旅先からの帰り道、

道と言っても、機内。

かの国の乗客と一緒だった。

何を喋っているのか分からないが、

ぱーちくぱーちくぱーちくぱーちく

 

 

 

 

 

 

 

何故あんなに喋り通すのだろう?

何故黙っていられないのだろう?

 

思わず

 

「うるさいな」

 

と呟いてしまった。

 

本当にうるさい。

機内という密室で、

ほにゃらららららのら~

と、あの言語を聞かされまくった。

 

騒音から逃げられないというのは、

 

 

 

 

 

 

 

何故黙れないのか、不思議に思った。

何故静かにできないのだろう?

沈黙の中で何かを思うとか考えるとか無になるとか・・・ないの?

 

もしかして・・・

 

黙ったら・・・

 

死んじゃう?

 

のか?

 

 

回遊魚みたいにお喋り止めたら息出来なくなっちゃう?

 

 

口、閉じたら、苦しい?

 

 

はっ!

もしかして・・・

鼻、詰まってる?

 

 

機内で食事も終えてリラックス中、

シートに身をまかせていたら、突然後ろから髪を引っ張られて驚いた。

私の後ろの座席には、かの国の家族らしき人達。

その座席の真ん中にいた女性が通路に出ようとして、ちょいとつかまったのが私が座っていた座席のシートの上の部分だったのだろう。

つまり、私の髪までつかんだってことね。

痛っ!と思い振り向くと

その女性が通路に出るところだった。

痛い顔したのに、無言で去って行った。

なんか、どさくさどさくさどさくさ・・・って感じで。

 

 

自国のエアラインをご利用になったらいかがかしら?

と、思ってしまうのは私だけ?

 

 

嗚呼ありがたや トランスファー

さようならは、トランスファーと共に。

 

 

 

今日の一句

週末は フレフレ雨降れ バイク無し

 

 

 

れもんのブログ